∎ 研究会活動

 

腐食センターでは,公募のメンバーにより構成される研究会あるいは検討会を開催し,メンバー相互の自由な意見交換を通して経験/データの共有化を目指すと共に,腐食防食技術の普及に貢献しようとしています。



∎ 多変量解析法検討会のご案内

 

平成14年度からの活動として,「多変量解析法検討会」の活動を開始しました。この検討会では,淡水腐食に対して水質の腐食性の判定を多変量解析法(マハラノビス-田口 メ ソッド等)を用いて従来の腐食性判定指数(ランゲリア指数等)や水質基準(JRA水質基準等)との関係を検討するとともに,この方法の他事象への応用を検 討するものです。

平成16年度からは第2期に入ります。いままでの成果を第147回腐食防食シンポジウム「マハラノビス-田口法による多変量解析の腐食現象への適用」として発表するとともに新たな展開を目指して活動しております。


       ―― いままでの研究発表 ――


第147回腐食防食シンポジウム

・主題:マハラノビス-田口法による多変量解析の腐食現象への適用

・平成16年7月13日(火)10:30~16:30

・場所 東京理科大学 森戸記念館 第一フォーラム


第52回材料と環境討論会

・日時:2005年9月14日(水)~16日(金)

・場所:北海道大学学術交流会館


材料と環境2006(春期大会)

・日時:2006年5月16日(火)~18日(木)

・場所:つくば国際会議場


「腐食センターニュース」No.038   ―MT法特集号―   2006年6月1日



□ 研究会へ参加を希望ご希望の方は、メールフォームにてご連絡下さい。


主 査:中島博志(鹿島建設)委 員   
公 募:(資格:本会会員)
期 間:2年間
進め方:最多で3ヶ月に一度の会合を持って進める。     
            2年間で8回程度maxの会合と考えられる。